歯科・矯正歯科・小児歯科・口腔外科

順番待ち予約システム(初診専用)
よねしま歯科・矯正歯科のイメージ
キャラクター

PEDIATRIC DENTISTRY 小児矯正歯科

KIDS ORTHODONIC こどもの矯正において大切なこと

小児矯正も自分の歯で一生咬めることを目的とした治療の一環です。
悩みや不安を解消し、お子様の素敵な笑顔を!

1永久歯萌出誘導ほうしゅつ

むし歯になって早期に乳歯が抜けたり、6歳臼歯が通常の位置より前方に生えてくると、将来の永久歯のためのスペースが不足する可能性が高くなり、それが問題で永久歯が出てこない場合や、永久歯列の歯並びが悪化する場合があります。そのため、正常な歯の生え変わりや発育を促すために処置や管理を行います。

※通常永久歯が理想通り出てくるように、空いた隙間を維持したり、
臼歯を正しい位置に動かし適切な位置とスペースを確保すること

2顎骨成長のコントロールで
バランスを維持発育を利用した前後的骨格の改善

発育を利用した、歯の土台となる骨格の改善は子供の時期しか望めません。この時期にあごのバランスを整えることで、歯やあごへの負担を減らし、かみ合わせの安定化につながります。

3成長を阻害しない
理想的な「歯列環境」を作ること

あごの成長期にかみ合わせが正しくない状態を放置すると、
健全な骨の成長を阻害したり、あごの変形やあごのずれを引き起こすことがあります。

4「悪習癖」の除去・予防・筋機能訓練
歯やあごの発育の妨げを阻止

歯並び、かみ合わせに影響を及ぼす癖や生活習慣を放置しておくと、不正咬合を引き起こし、歯の周りに歯垢(プラーク)がたまりやすく、また歯ブラシも届きにくくなります。その結果、むし歯や歯周病にかかりやすい口腔環境になってしまいます。

5コンプレックスの解消

早めに目立つ部分の歯並びを解消することによって、からかわれたり、いじめられたりすることを未然に防ぐことができ、外傷のリスク軽減にもつながります。コンプレックスを解消してあげることで、健全な精神が発達する環境を整えてあげることができます。

キャラクター キャラクター キャラクター
よねしま歯科・矯正歯科のイメージ よねしま歯科・矯正歯科のイメージ

■ 歯並び予防の為にできること

1歯のお手入れに力を入れましょう!

むし歯を放置したり、むし歯で早めに乳歯を失うと、歯並びに悪影響をもたらします。まずはむし歯を作らないことが大切です。乳歯が生え始めるとき、乳歯が生えそろうとき、6歳臼歯(第一大臼歯)が生え始めるときと、時期によって歯磨きのポイントがあります。一緒に楽しい歯磨き習慣を身につけて行きましょう。

2食事はしっかり咬む習慣をつけ、
小さいうちから硬いものも積極的に摂りましょう!

あごの骨の健全な成長を促しましょう。よく咬むことはお子様の成長・発達に必要な栄養を効率よく吸収するとても重要な役割を持っています。また、咬むという動作は脳の発達にも役立つと言われています。

悪くなる原因

  • むし歯をそのままにしている
  • 乳歯を生え変わりの時期より前に失ってしまう
  • 口がいつも開いている
  • 口呼吸である
  • 指しゃぶりを長くしていた
  • 口唇をよく咬む、爪を噛む
  • 顎の成長が不十分で上顎と下顎のバランスが取れていない
  • 話すときに舌が出ていることがある
よねしま歯科・矯正歯科のイメージ

■ 実施する時期の目安

顔が一人ひとり違うように、
治療が必要となる時期も、異なります。

3歳頃から噛み合わせの管理や治療が必要になるお子様がいたり、
永久歯が生え揃って、成長が止まってから治療した方が良い方もいます。

例えば、出っ歯(上顎前突)で骨格が原因となる症状の場合は、
顎の成長時期を考慮し、顎の成長時期前の適切なタイミングで
治療をスタートすることが治療を効率的に進める上で重要です。

前歯が生えてきたとき受け口(反対咬合)だったり、
受け口になりそうな生え方をしている場合は、
その時点で早めに治療を開始したほうがよいと判断する時もあります。

症状は様々です。歯並びについて気になることがあれば、
お子様にとって最適な矯正時期を見極めるためにも、
ご相談には早い時期に来て頂ければと思います。

相談から治療完了までの流れ

  • 無料相談

    無料相談

    お子様の矯正治療では、お子様や保護者の方の現在抱いている不安や疑問、気になってる点をまずお聞かせください。お口の中を拝見させていただき、治療が必要か、治療が必要であればいつ頃治療を開始するべきか、考えうる治療方法、治療期間、通院の間隔、費用の目安などをご説明いたします。ご不明な点は遠慮なくお尋ねください。

  • 精密検査

    精密検査

    お口の中の診察、頭部エックス線規格写真検査、パノラマ撮影、口腔内写真、顔貌写真、歯の型取りなど矯正治療に必要な検査をします。

  • 診断

    診断

    精密検査の結果をもとに治療計画を立案し、正確な費用、治療方法、治療期間についてしっかりとご説明します。

診療開始

しっかりと治療計画をご説明。
治療内容に同意をいただき、治療を開始します。

お子様の矯正は乳歯列期や乳歯から永久歯への生えかわりが進む混合歯列期に治療を行う必要があります。乳歯や生えたばかりの永久歯は歯質が柔らかくむし歯になりやすいので、事前に専門的なクリーニングをして、ブラッシング指導を行います。

装置の使用方法や注意事項をお子様、保護者の方と一緒に確認していきます。

  • 通院

    通院

    定期的に装置を調整し、治療を進めていきます。使用する装置によて通院の間隔は異なります。矯正治療中は装置を装着しているため、歯垢が溜まりやすくむし歯のリスクが高まりますので、適宜ブラッシング指導を行います。むし歯が見つかった場合は矯正治療を中断して治療しなければなりません。正しいブラッシング習慣を身に着け、治療を進めていきましょう。

  • 治療終了

    治療終了

    目標の位置まで歯やあごの位置を改善できたら、装置を撤去します。移動させた歯は、元の位置に戻ろうとする力が働きますので、歯並びによっては後戻りを防ぐ保定という処置(リテーナー装着)を行います。

    この時点で矯正装置が外れます!長い間お疲れさまでした。定期的な経過観察と、むし歯・歯周病予防を徹底して、ご自身の歯で生活する感覚を取り戻して下さい。

  • 経過観察

    経過観察

    治療終了後も、成長に合わせて永久歯への生えかわりは順調に進んでいるか、むし歯やかみ合わせの異常はないか定期的にチェックを受けましょう。お子様の健全な口腔内環境の発育をサポートしてまいります。

    治療完了後も気になることがあればいつでもご相談ください。

■矯正費用の目安

乳歯列期から永久歯にすべて生え変わる12歳前後まで
約10~30万円
永久歯列完成時期〜大人の本格矯正
約45~90万円
部分矯正
約10~30万円

※患者さん一人ひとりお口の中の状況は異なり、必要な装置も様々です。
ぜひ一度お気軽にご相談下さい。お口の中を拝見後、お見積りをお渡しします。

医療費控除について

1年間に支払った医療費が10万円を超える場合に、税務署へ確定申告することで納めた税金の一部が戻ってくる制度です。矯正歯科治療も医療費控除の対象となります。領収書は大切に保管しましょう。

■ デンタルローンでのお支払いについて

実質年率
5.80%
分割回数
最大84回

毎月元利均等分割払い/ボーナス併用払い

  • 手数料は患者様のご負担となります。
  • 信販会社が治療費を立て替え、信販会社へ分割でお支払いいただきます。
  • お手続きには事前審査がございます。場合に寄って実施が難しい場合があります。予めご了承ください。
  • 支払い途中での繰り上げ返済も可能です。
  • 返済方法は引き落としのみとなります。

自費診療には、デンタルローンもご利用いただけます

■ デンタルローン(84回分割)/実質年率5.80%の場合の支払い例

治療内容 治療費 月々のお支払
スタンダードメタルブラケット矯正 600,000円 9,400円〜/月*1
マウスピース矯正(インビザライン) 750,000円 11,700円〜/月*2

※治療費は税抜き表示です。
*1 初回のみ9,776円となります。 *2 初回のみ16,371円となります。

■ クレジットカードでのお支払いについて

右記下記のクレジットカード会社にてお支払いいただくことも可能です。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

  • お支払い金額が3万円(税別)以上の自費治療に限ります。
クレジットカード会社